どこでも送受信できるインターネットFAXを検討してみた|大阪のホームページ制作会社 SmileVision

社員ブログ どこでも送受信できるインターネットFAXを検討してみた

ワークスタイル改革や働き方改革といわれることが増えました。
スマイルヴィジョンも働き方改革に取り組むため、まずは【事務所でないとできないこと】を減らしていきたいと思っています。
働き方改革と呼ばれる取り組みに「事務所にいないとできないことをなくし、どこでもできる環境を作ること」がありますが、事務所にいないとできないことの一例としてFAX問題があります。FAX機能のついた複合機などを使用している場合、「会社にいないと見れない」「会社に行かないとFAXが送れない」ということが起きてしまいます。
BL006-copykudoku20140810
そこで、インターネットFAXを検討してみました。
インターネットFAXとは、複合機や紙を使わずに「インターネット上で受信ができる」「メールで送信できる」ため、外出先からもスマホひとつで操作ができます。
メリットを以下にまとめます。

どこでもFAXが送受信ができる

特定の操作画面へログインすれば、FAX受信が確認できるため、外出先からも確認が取れます。FAX送信は契約したE-MAILアドレスで、ファイルを添付して送ることでFAXを送ることができます。
またFAXを複数で共有できるため、遠隔地同士であってもみんなで共有できます。(最近のサービスでは、受信したFAXデータを大容量のGoogle ドライブへ自動的に保存して、Googleドライブへ保存した電子ファイルを簡単操作でFAX送信することもできるサービスもあります)

コスト削減

インターネットFAXを使えば、まずFAX機自体が不要になります。またFAX専用の回線を引く必要もないため、月々の通信費が節約できます。 FAXに掛かるインク代、紙代、FAX機だけのためにかかっていた電気代も節約でき、経済的です。

ペーパーレス化

従来のFAXでは、DMであったり無駄な紙が自動に印刷されてしまいます。インターネットFAXなら画面で確認ができるのでプリントが必要ありません。紙に印刷しておきたいものはプリンターでプリントアウトするだけ。無駄なペーパーを印刷する必要がなくなります。
このようなメリットがあるインターネットFAX。意外と便利だと思いませんか。

どれを選んでいいか迷ってしまう

インターネットFAXは様々なサービスがあり、どれを選んでいいか迷ってしまうと思います。
どこが1番優れているという大きな差はありません。
この場合、目的によって、どのサービスを選ぶかは決まってくると思います。
もっとも優先したいのは何か。
コスト面、安定性、月の利用枚数が多い(利用枚数が少ない)、市外局番が使える、などによって選ぶサービスはおのずと決まってくると思われます。
その中で、コスト面で良いと思うのがこちらでした。
fax003
eFAX
https://www.efax.co.jp/
多くのインターネットサービスが送受信時に1枚数円の加算がされること多いですが、こちらは月額利用料のみで、送信・受信がどちらもそれぞれ150枚まで無料。FAXを頻繁に使用しない中小企業なら、十分ではないかなと思います。
企業によって、コストよりも安定性を求めるなら、「KDDI ペーパーレスFAXサービス」など、大手が提供するインターネットFAXが安心ではないでしょうか。
インターネットFAXの歴史は古くからあります。しかしあまり使われていない印象でした。その理由はFAXを見るのにネットをつなげる必要があるため、インターネットをみるのがPCが主流だった時代では、外出先での確認など以外と不便だったかもしれません。
しかしスマホやタブレットが普及し、ネットがいつでもつながる今こそ、あらためてインターネットFAXを検討しようと思います。
みなさんもペーパレス化や外出先からも見れるインターネットFAXにご興味があれば、参考にしてみてください。

その他、納期・料金・こんなことできますか?など、お気軽にご相談くださいませ。
TEL:06-6363-2780
EMail:info@smilevision.co.jp
(平日 9:00~19:00)

次回もよろしくお願い致します。

ABOUT ME
杉若 太郎
杉若 太郎
プロフィール 大阪出身。2000年JTBグループに入社。WEB事業部に配属後、旅行サイトや旅館のホームページ制作に携わる。2004年に独立、大阪市北区扇町にてホームページ制作・システム開発会社、スマイルヴィジョン立ち上げに参画。代表取締役に就任。 2018年新たにコワーキングスペースの運営をスタート現在に至る。 ■入社年 2004年 ■趣味 パズドラ、プロレス観戦