オール兵庫報告②2部-分科会報告させていただきました|大阪のホームページ制作会社 SmileVision

SVイベントレポート オール兵庫報告②2部-分科会報告させていただきました

杉若です。先日の話ですが、2017年9月26日(火)神戸ポートピアホテルにて
第30回全兵庫経営研究集会(通称:オール兵庫)が開催されました。オール兵庫とは、兵庫県を中心とした中小企業の経営者約900名が年に1回一堂に集う経営者フォーラムです。
(基調講演についてはこちらのブログに書きました)
今回は2部の分科会について書きたいと思います。
分科会とは、経営に関する異なる課題(経営者の責任、経営理念の実践、市場創造、人を生かす経営・・)を11のテーマに分け、1人の報告者が経営体験談を報告し会員同士で学びあいます。
その中で1テーマ「経営者の責任」の分科会報告者で私が報告者として選ばれ、約80名の前で経営体験を報告させていただきました。
allhyogo001
私自身まだまだ若輩者ですが、選ばれた以上は今できることを一所懸命やるしかないと座長や室長の力を借りて半年間準備をかけて当日を迎えました。
当日は60分間今までの経験や今後について話しさせていただきました。つたない話でしたが、みなさん一生懸命聞いていただきました。感謝です。
私自身も今までの振り返りができ、スマイルヴィジョンは同業他社と何が違うのか?という事を考えるきっかけになりました。
報告するにあたって、いろんな理由や取り組みを考えましたがどれもしっくりきません。そして困って先輩方に相談をすると、考えるよりもお客様に聞くのが一番だ、ということになり、お客様へ話を聞くことになりました。
そしてお仕事が決まった新規のお客様からは「依頼に対して迅速だった」「担当者がとても丁寧だった」「知り合いから自信を持って紹介してもらったから」といった声でした。
社員の対応が良かった、迅速だった、信頼を得ていたこそ紹介をしてもらえた、ということ、
すなわちスマイルヴィジョンは「社員が強み」という答えが出ました。
スマイルヴィジョンは中途採用はもちろんですが、新卒採用にも長年取り組んでおり、10年前の新入社員が今では会社のエースとして働いてくれてる社員も多く、人材育成にも力を入れてきました。
そして今後この強みに磨きかけるためにも、働き方改革として新たにひとつチャレンジを行います。チャレンジのきっかけを頂いたこの機会に感謝です。
また「報告者は、実践者であれ」という言葉をいただきました。
まだまだ若輩者ですが、これからも学んだことを実践していきたいと思います。
最後に座長の目見田さん室長の黄山さんはじめ、分科会運営に関わって頂いた皆様、本当にありがとうございました。

ABOUT ME
杉若 太郎
杉若 太郎
プロフィール 大阪出身。2000年JTBグループに入社。WEB事業部に配属後、旅行サイトや旅館のホームページ制作に携わる。2004年に独立、大阪市北区扇町にてホームページ制作・システム開発会社、スマイルヴィジョン立ち上げに参画。代表取締役に就任。 2018年新たにコワーキングスペースの運営をスタート現在に至る。 ■入社年 2004年 ■趣味 パズドラ、プロレス観戦