Raspberry Piを使ってみよう 【オプション編】|大阪のホームページ制作会社 SmileVision

社員ブログ Raspberry Piを使ってみよう 【オプション編】

こんにちわ!開発部のトモローです。
前回はRaspberry Piの初期準備に関して説明致しましたが、
今回はオプションパーツを中心に紹介をさせていただきたいと思います。

Rasubery Piの拡張性

Raspberry PiにはUSBポート以外に「GPIO」や「DSI Display コネクタ」
「CSI Camera コネクタ」等が準備されています。
「GPIO」はプログラムを利用して電流をオン/オフすることができますので
電子部品のリレーを使うことで利用方法を広げることが可能です。
1255_03
※リレーとは
リレーとは外部から電気信号を受け取り、別の電気回路のオン/オフ切り替えを行う部品です。
GPIOから出力される電気信号はあまり高くありませんが、リレーを使うことで
テレビなど高い電気エネルギーを利用する物をオン/オフする事が可能になります。
1255_01

オプションパーツ (カメラ) CAMERA MODULE V2

Raspberry Piの「CSI Camera コネクタ」に接続できるように開発されたカメラになります。
露光、ホワイトバランス、輝度の検出を自動でおこなう機能を備えています。
静止画、動画を撮影する事ができます。
現在販売されているカメラはSony IMX219 8メガピクセルのセンサーが内蔵されているようです。
1255_02

オプションパーツ (タッチパネル機能付き液晶) TOUCH DISPLAY

先日、弊社でもRaspberry Pi の公式サイトから購入をしました。
Raspberry Piの「DSI Display コネクタ」に接続できるように開発された液晶パネルになります。
パネルにはタッチセンサーが内蔵されていて指で操作することが可能になります。
1255_05
背面のプラスチックカバーは別売りとなっておりますので
合わせて購入する事をオススメします。
1255_06
ユニットの取り付けはドライバー1本でできるため簡単に装着が可能です。

オプションパーツ (プログラム勉強向けルンバ) iRobot-Create 2

先日、 iRobot社がプログラミング教育向けに販売をしているルンバ になります。
ルンバと言えば自動お掃除ロボットのイメージが強いのですが、教育機関向けに
掃除機能を取り除いた機体を販売しています。


Raspberry Piのオプションパーツは色々な企業が作っており
新サービスの立ち上げに役立っています。
活用方法を見つけて速くサービスにつなげる
IOT関連のサービスをする場合に必要な要素なんだと思います。

ABOUT ME
トモロー
■部署 開発部 ■スペック(Level、身長、座高、属性、資格) 自称冒険家 ■入社年 2009年 ■趣味 木・ガラス・粘土系の物作り、ロードバイク、IOT機器作り ■座右の銘 勝つまで負けない ■ひとこと