ビジネスバッグは最後のオシャレ|大阪のホームページ制作会社 SmileVision

社員ブログ ビジネスバッグは最後のオシャレ

どうもこんにちは、営業企画部のオクムラです。
10月からはクールビズも終了し、ジャケット着用がマナーになりますね。
僕は毎年、この「クールビズ終了」が恐怖で仕方ありません。
だって10月でも暑い日は暑いじゃないですか…
すごく中途半端なんですよね、10月の気温って…
今年は早めに「涼しくなってくれる事」を祈っています。
 
さてさて、今日は僕のちょっとした趣味のお話をさせて頂きます。
もともと多趣味ではありますが、なかでも「社会生活における趣味」の話を。
それは「ビジネスバッグ収集」です。
スマイルヴィジョンの社内では、しばしばこんな声が聞こえてきます。
「奥村さん、またカバン変えたんですか(呆れ)」
そう、社内のみんなが呆れてしまうくらいに
僕は凄まじい頻度でビジネスバッグを買い替え(買い足し)ます。
およそ1~2か月の頻度でしょうか。
収集は「趣味」でもありますが、もちろん「実益」も兼ねています。
僕にとってビジネスバッグとは
書類を入れる為の「容れ物」ではありません。
30台半ばの太ったオッサンが言うのもなんですが
僕にとってビジネスバッグとは
「ビジネスシーンにおける最後のオシャレ」なんです。
昨今では外回りの営業マンでも、背広・スーツではなく
「ジャケット+パンツ(スラックス)」のスタイルも多く見かけるようになってきました。
特に我々のようなIT業界は上記のスタイルの営業マンが多いですね。
僕はこの風潮を全力で応援したいんです。
やっぱり「オシャレ」って他人の目を引く以上に
「自分の気分」を高めるものだと思うんです。
仕事にはすごく重要な事ですよね、「自分の気分」。
僕の場合、どうしようもなくスタイルが悪いので
ジャケットやスラックスを着こなしてオシャレに着飾る事ができません(泣)。
なもんで、「せめてビジネスバッグくらいはオシャレにしよう」と、オシャレなビジネスバッグの収集が趣味になったのです。
せっかくなので、(自慢も兼ねて)手持ちのビジネスバッグを紹介させて頂きたいと思います。
 
【オシャレ度No.1ビジネスバッグ ”YOUTA”】
「収集」といっても、僕はいろんなブランド・メーカーのビジネスバッグを買い漁るわけではありません。
一つのブランドからリリースされているバッグのみを収集しています。
そのブランドが「YOUTA」
ネットで結構話題の、知る人ぞ知る「オシャレなビジネスバッグ」のブランドなんですが
このYOUTAに出会ってから、他のメーカーのバッグが目に入らないくらい夢中になりました。
とにかく見た目がオシャレなんですよ、お値段以上に!
それでいてすごく機能的。
今ではYOUTAからリリースされている代表的な形のビジネスバッグ6種を揃え
その日の気分やテンション、商談内容やゲン担ぎ・ジンクスによって日ごとに持ち替えてオシャレを楽しんでいます。
では、(見せたくて仕方がないので)紹介していきますね。
 
<スタンダードなブリーフケース>
DSC_0002
トリコロールカラーが目立ってオシャレな、スタンダードブリーフケース。
ワンルームなのでそれほど容量は多く入らないですが、逆にいうと必要最低限の持ち物の場合は軽くて手軽なので重宝します。
自立するので床置きができ、書類やPCを入れても安心です。
「今日はさわやか営業マンでいこうか!」ってな時にこのバッグで出勤します。
 
<大容量!スリールームのブリーフトート>
DSC_0003
上のブリーフケースと同じく、トリコロールカラーのブリーフトートです。
正式な呼び方がわからないので特徴をくっつけて「ブリーフトート」と表現しましたが、正しいかどうかわかりません(汗)
こちらは3ルームある大容量で、プレゼンなどで多くの書類が必要な時や、雨が降りそうで折り畳み傘を忍ばせておく時に重宝します。
正直、重量もそれなりにあるので「実用的」な時にしかこれを持って出勤しませんが、
今年の梅雨は雨が不安定だったので、折り畳み傘を入れても余裕のあるこのバッグで出勤する頻度は高かったです。
あと、「今日は頑張るで!」ってな気分になりたいときにセレクトします。
 
<最近のビジネスシーンの流行り 本革トートバッグ>
DSC_0004
最近多いですよね、トートバッグのビジネスマン。
YOUTAの製品のほとんどが合皮のフェイクレザーなんですが(ですので比較的安価です)
このトートは本革です。
容量も多く、取り回しも便利なのですが、僕は慢性的な肩こりがあるため
あまり重い物をトートに入れて肩掛けする事ができません…
外出(外回り営業)が無い日にこれを選んで出勤します。
本革は雨にも弱いですしね。
「落ち着いた営業マン」を装いたいときにもセレクトします。
 
<PCを入れても大丈夫!自立型トートバッグ>
DSC_0005
トートバッグは、その特性から自立ができなくて、書類やPCを入れておくのに適していないと思うんです。
それを解消してくれたのがこの「自立型トートバッグ」。
書類を入れても折れ曲がらず、PCを入れても安定するので、少量の書類とノートPCだけを持って商談に向かう僕にとってはすごく理想的なバッグなんです。
ただ、やはり肩凝りの悩みもあるので、これを持って出勤するのは「ノートPCを使わない商談」の時が多いですね。
このバッグで商談に向かうと成約率が高かったりします(気のせいだと思いますが…)
 
<バッグの王様”ダレスバッグ”!しかも”リュック”?>
DSC_0007
バッグの王様とも呼ばれる、鍵付きの”ダレスバッグ
しかもYOUTAのダレスバッグは”リュック“にもなるんです。
DSC_0008
僕の一番のお気に入りです。
背面に小物ポケットのファスナーがあり、背負ったまま財布を出し入れできます。
何よりダレスは高級感があり、尚且つリュックなので肩の負担も少なく、僕にピッタリのバッグです。
このダレスバッグは縦型なので、A4書類をたくさん持ち歩く時や
ノートPCは使わないけど念のために持ち歩いておこうという時にすごく便利です。
ネイビーカラーは「焦らず、やるべき事を確実に」と気分を落ち着ける時にセレクトします。
 
<横型ダレスバッグ!大容量!>
DSC_0006
こちらは上で紹介したダレスリュックの横型版。
とにかく大容量で、この夏はタオルやペットボトルの飲み物etc…夏の外回り営業のケアグッズを詰め込んで大活躍してくれました。
もちろんこのダレスバッグもリュックとして使用できます。
たくさんの物を詰め込んで重くなったバッグを手持ちするのは肩に負担がかかるので
リュックとして背負えるのはすごくありがたかったです。
バーガンディカラーは「気力維持」に効果がある気がします。(あくまで僕個人の効果です)
本当にこの夏はこのバッグに助けてもらいました…
 
 
 
如何でしたか、僕のビジネスバッグコレクション。
オシャレでしょう?(本人はずんぐりしたおっさんですが)
そうそう、バッグ以外の小物もYOUTAブランドを使用しています。
DSC_0009
財布にキーケース、ペンケース。
もうYOUTA尽くし。
あれ?もしかして「ビジネスバッグ収集」が趣味なんじゃあなく
「YOUTA製品収集」が趣味なんですかね。。。