2019年度(平成31年度)のIT導入補助金はどうなるの?|大阪のホームページ制作会社 SmileVision

社員ブログ 2019年度(平成31年度)のIT導入補助金はどうなるの?

IT導入補助金とは、経済産業省のおこなう補助金事業の通称です。正式名称は「サービス等生産性向上IT導入支援制度」。おかげさまでスマイルヴィジョンも昨年、IT導入支援事業者として大変多くの案件を支援させていただきました。

そこで本日は、昨年度も大変相談の多かったIT導入補助金の2019年度について書きたいと思います。

IT導入補助金は2019年度も実施されるの?

おかげさまで利用者からも大変好評をいただいたようで「来年度もIT導入補助金はあるの?」という質問をたくさんいただきますが、先日引き続き実施されることになりました。

補助金の予算枠は、中小企業の生産性向上や販路開拓支援などを目的とした「中小企業生産性革命推進事業」の1100億円に含まれます。政府が2019年度補正予算に盛り込んでいました。

内容は、昨年度と比べて大きな変更もありますので、本日現時点で発表されている範囲の情報を掲載していきます。

交付額の上限が50万円から450万円に大幅アップ

中小企業庁の発表があり、ITツールを導入した中小企業に政府が補助金を交付する制度において、2019年度の交付額の上限額は450万円に決まりました。2018年度の上限額50万円と比べると補助額が大幅に増えることになります。

上限額 下限額 補助率
450万円 40万円 2分の1

補助率は導入費用の50%のため、900万円以上の案件を依頼した際、上限の450万円まで補助されます。

また交付金の下限額は、前回から20万円アップし40万円になりました。
導入費用が80万円未満では補助を受けられないことになります。

補助対象のITツール

現在公開されている資料では、
・日々の経理を効率化する会計ソフト
・顧客情報等を一元管理するクラウドシステム
・職員間のコミュニケーションシステム
・飲食店のセルフオーダーシステム
の導入・設定費用等が含まれます。なお前回と同じくパソコンやタブレットといったハード機器は補助対象外です。

対象事業者

中小企業、小規模事業者(飲食、宿泊、小売・卸、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設会社等も対象)ということです。大手企業は対象外となります。

全体予算は削減

前回のIT導入補助金は、全体予算として500億円が割り当てられていましたが、今回は、全体予算が100億円と、前回の5分の1に引き下げられました。

上限金額が増えたが全体予算は削減。ご利用はお早めに

最後に所感ですが、上限金額が大幅に増えたということで、利用用途も広がりました。金額によってシステム導入に躊躇されていた企業にとってはとてもありがたい状態です。

しかし上限金額は増えたにもかかわらず、全体予算は減りました。そのため、採択率が大幅に低下する可能性もあります。全体予算がなくなれば期間内であっても終了しています。そのため、今回は一次申請に殺到することも予想されます。ご利用を検討されている皆様は早め早めに申請をするようにすることをオススメします。

その他、納期・料金・こんなことできますか?など、お気軽にご相談くださいませ。
TEL:06-6363-2780(平日10:00~19:00)
 EMail:info@smilevision.co.jp

お問い合わせフォーム

ABOUT ME
杉若 太郎
杉若 太郎
プロフィール 大阪出身。2000年JTBグループに入社。WEB事業部に配属後、旅行サイトや旅館のホームページ制作に携わる。2004年に独立、大阪市北区扇町にてホームページ制作・システム開発会社、スマイルヴィジョン立ち上げに参画。代表取締役に就任。 2018年新たにコワーキングスペースの運営をスタート現在に至る。 ■入社年 2004年 ■趣味 パズドラ、プロレス観戦