Web編集・エディター[大阪]

お問合せ窓口(無料)ホームページ制作等について
ホームページ制作会社スマイルヴィジョントップ [SIPS]Strategic Internet Professional Service Company.私たちはWEBというツールを通じてユーザーへ笑顔を提供していきます。
ホームページ制作 アクセスアップ ネットショップ開業
ホームページ制作実績 会社案内 ホームページ制作会社採用案内 よくあるご質問 サイトマップ
ホームページ制作サービス:メニュー
Webデザイン
Webシステム開発
コンテンツプランニング
編集・エディター
SEO・プロモーション
ネットショップ開業
ホームページ制作/製作ワークフロー

高水準のホームページ制作 大阪・東京。企業ホームページ作成・ネットショップ開業・システム開発・SEO対策など。スマイルヴィジョンはホームページ製作を通じて、笑顔を提供していきます。

ホームページ制作会社を登録
HOME > 編集・エディター
企業が一般ユーザーに向けて情報を公開する上で、大前提となるのが正確な情報を提供するということでしょう。文章であれば誤字脱字がないことは当然のことです。 通常、紙媒体での会社概要や営業パンフレットなどを印刷をかける前には細心の注意をはらって何度も校正作業をするものです。
しかし、ウェブサイト制作ではそれほどは厳密ではないようです。実際のウェブサイトを見ていると、有名企業のウェブサイトのなかにも誤字や脱字を見つけることがあります。 印刷物とちがって間違いに気づけばすぐに直せる、という気安さが背景にあるのかもしれません。
しかしながら、間違った情報を全世界へ発信してしまうことは企業ブランドに大きな損失を与えるでしょう。ましてや数字の間違いは、取り返しがつかなくなることもあります。
また、機種依存文字や半角カタカナ、第2水準漢字などを使うことによる文字化けなども避けなければなりません。
これは非常に初歩的なことではありますが、ウェブ制作会社がクライアントから提供されたテキストデータを確認せずにそのままながし込むことによって、簡単に発生しまうからです。
また、パソコンの画面は、紙に印刷された文字に比べ、解像度が桁違いに悪く、可読性は紙の数十分の一といわれています。
そのため一般的にPCユーザーはパソコンを前提とした文章を読むときは、まず自分の関係ある情報を探し、無意識に見当をつけて拾い読みする傾向があります。
このことを理解し、Webでは一行の文字数を制限し、段落を多くとり、ナナメ読みを前提とした簡潔かつ明瞭なライティングが必要となってきます。
スマイルヴィジョンではウェブサイトを「特殊情報メディア」と考え、その商品とウェブ環境にあったライティングをご提供いたします。
このページの先頭へ戻る
 よくあるご質問 ご利用規約 プライバシーポリシー 推奨環境 リンク集 IT用語 ホームページ制作会社 COPYRIGHT
ホームページ制作会社 大阪 スマイルヴィジョン